エントリーを繰り返すのはバカ

パソコンの画面の前に座り、つねに上下動している市場を目を向けていると、直ちにエントリーをせずにはいられなくなるという抑えようのない気持ちに影響される状況も少なくないと思います。

 

しかし、不明瞭な考えで売り買いをすることは決してしてはいけません。

 

確かに、マーケットは終日、どういう時でもどこかの外国為替相場は変化しているし為替レートも常に動いています。

 

そうであっても、頻繁に売買を重ねているとその分マイナスになる危険が高まってしまう。

 

無論、取引の数を増やすことによって利益を上げられる確率か五分五分になるのは事実です。

 

けれどもその事は「なんだか分からないアイデアで売り買い」とは別問題です。

 

エントリー回数を積むとは自分で「ここがチャンス」と感じた機会を得た状態での売買回数を積むという事を意味します。

 

理由がなく、ひっきりなしにエントリーを繰り返すのとははっきりと異なります。

 

相場の勝負に立ち向かうためにはあなたが意識的に緩急をつけることこそが重要です。

 

「ここは勝てる」と感じたマーケットの時には、思い切って所有ポジションを積み増して、集中して利益を求めます。

 

「明らかに分からないマーケットで、どう動くのか考え付かないな」と思った時は執着しないで所持ポジションをすべて諦めて放置します。

 

それぐらいのテンポでやった方が、最終的にはトレードはうまくいくものだ。

 

マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。

 

文字通り言葉どおりだと思います。

 

相場とはいついかなる時でもポジションを所持する事が大切ではなく何も所持せずじっと見ていることも場面によっては、FXです。

 

じゃあ、どの場面で、休むべきなのでしょうか。

 

ひとつめは、先述の通り、これからの相場展開が今ひとつ判断できない時です。

 

これから上がるのか下がるのか判断できない時は、何も考えず行動すると、自分で書いたストーリーとは異なった方向にマーケットが動いてしまい損をする事になります。

 

そんな状況ではポジションを0にして何もせずに黙ってみているだけがいいと思います。

 

次に、体調が変なときです。

 

体調と市場に関係がない感じる人もいますが意外と影響します。

 

体の具合がすぐれなければ為替相場のミスできない局面で、正確な決定をする事が難しくなります。

 

気分が進まない時は、外国為替相場から目をそらす事も必要な事です。